【音楽夏フェス】初心者女子のおすすめ服装は?動きやすさや機能性の高いコーデ解説!

こんにちは!megumiです!

夏といえば!音楽フェスの季節ですね♬

今年初めてフェスに行く方も多いのではないでしょうか?

そこで、今回は女子の夏フェス初心者にオススメの服装を紹介していきます!

夏フェスでの服装の注意点

夏フェスってどんな服装で行けばいいのかな?

ずばり、身軽で動きやすく乾きやすい!そして汚れてもいい!この点を兼ね揃えた機能性のある服装です!

会場にもよりますが、基本的に夏フェスは夏の炎天下の中、野外で行われることが多いもの。
他にも

  • 人ごみに混ざる
  • 歩きでの移動が多く、たくさん動く
  • 天候や気温の変化を受けやすい
  • 怪我をしやすい
  • 虫に刺される
  • 汚れる

などのリスクがあります。

周りの環境から自分の身を守れるような服装であることが大切です!
アウトドアを意識した服装であれば問題ないでしょう。

 

逆にやめたほうがいい服装は

  • 動きづらくタイトな服装(重くて硬い素材の服)
  • 露出の多い服装
  • 汚れたら困る服装
  • 濡れたら乾きにくい服装

などです。これらの服装は体にダメージを受けやすくなるのでおすすめできません。

次に夏フェスでの必須アイテムを紹介していきますね!

夏フェスの必須アイテム

夏フェスではこれらのものを準備しておくと非常に便利です!忘れないようにチェックしておきましょう。

帽子

夏の強い日差しの中で過ごす野外フェスでは帽子は必須アイテムです!熱中症対策のためにも持参していきましょう。


ツバの広い紐付きの帽子だと落としたり飛んでいったりしにくいのでオススメです!

サングラス

長時間強い日差しの中にいると目にも負担がかかります。UV加工のサングラスがオススメです。


また、POPなフレームのデザインを選ぶとフェス気分も盛り上がって良いですね◎

ハーフパンツ、スカート

動きやすく軽い素材で汚れてもいいのものを選びましょう。アウトドアブランドのものなどは特に動きやすくて通気性もいいので快適に過ごせます。

レギンス

ハーフパンツやスカートに合わせて使用したいレギンス。肌の露出を抑えることで日差しや怪我から肌を守れます!

着圧タイプのものだと疲れを軽減させる効果もありオススメです◎
派手な色や柄をチョイスし個性をアピールするのもいいですね!

フェスでは会場内外でとにかくたくさん歩きます!
また、ライブ中は人ごみの中に入るこので足を踏まれてしまう可能性もあり危険です。怪我をしないように履き慣れたスニーカーで臨みましょう。


サンダルを履きたい場合はアウトドアブランドのつま先を守るタイプのものがオススメ!
また、雨やぬかるみが心配な場合は長靴や撥水性のあるトレッキングシューズで行くといいでしょう。

タオル

とにかくたくさん汗をかくので持っていないと辛いです!
汗を拭くだけでなく、首に巻いておけば首元の日焼け防止にもなります◎

会場でグッズとして販売されていることがほとんどなので、お気に入りのものを見つけて使用するのもいいですね!

小さいサイズのバッグ

ショルダーバックやサコッシュ、ウエストポーチなどの小さめのバックは重宝します!財布や携帯などの貴重品や必要最低限のものを入れて身軽に行動できますよ!

大きいカバンだとライブ中邪魔になるし、持ち歩くと重さがストレスになります。
会場内では大きいカバンはクロークへ預け、小さいカバンで行動するのがベストです!

上着

パーカーやナイロンジャケットなど、薄手の羽織れるものが1枚あると便利です。
気温の変化や汗をかいた後は体が冷えることもありますし、日差しから肌を守る役目も果たします。

上着の代わりに大きめのストールなども代用ができていいでしょう。

夏フェスでの雨対策

野外フェスは天候に左右されやすく、急に雨が降り出すのもよくあることです。

  • レインコート(上下別のもの)、ポンチョ
  • 長靴
  • ビニール袋(大小1・2枚)

これらを持っていると便利です!
傘は持ち込み禁止になっている会場がほとんどなので、雨が降ってきたときはレインコートやポンチョを着用しましょう。


長靴だとぬかるみなども対応できて足元が汚れるのを防げます。また、ビニール袋や大き目のポリ袋があると濡らしたくない荷物をカバーできたり、何かと重宝しますよ!
あまりかさばらないので1・2枚は持っていると便利です。

まとめ

間違った服装で行ってしまうと怪我や急な体調不良など思わぬダメージを受けてしまいます。
オシャレもしつつ正しい服装で快適に、思いっきりフェスを楽しみましょう!

 

スポンサーリンク

コメント

タイトルとURLをコピーしました