【音楽フェス】冬に失敗しないおすすめの服装は?持ち物も紹介!

音楽フェスといえば夏フェスのイメージがありますが、冬でもかなり楽しめます!

特に年末の年越しに行われる音楽フェスは新年のカウントダウンもあるため、夏の解放的な楽しさとはまた違った盛り上がり方がありますよ!

 

そこで今回は冬の音楽フェスで失敗しない服装や持ち物を紹介していきます!

 

冬に失敗しないおすすめの服装は?

野外で行われる夏フェスとは違って、冬フェスは屋内で行われることが多いです。

会場に行くまでは寒いですが、ライブ会場は暑く汗をかく場合も多いので、寒さと暑さ両方の対策が必要となります。

 

基本的は服装として、脱ぎ着がしやすく動きやすい服装がおすすめです!

Tシャツにパーカやナイロンジャケットを羽織るなど気温や体温の変化に対応できるものがいいでしょう。

 

下に長袖やヒートテックを着れば寒さ対策になります。汗をかく場合もあるので、脱ぎ着のしやすいものを選びましょう。

 

ズボンは、男女どちらも動きやすさ重視でハーフパンツを履いている人が多いです。ハーフパンツの下にレギンスを履いておけば寒さも防げます。

 

靴はとにかくたくさん歩くのでスニーカーがおすすめです!履き慣れた靴で参加しましょう。

 

実は私も服装で失敗したことがあるんです。

ライブ会場は暑いから…と思い寒さ対策をせずに行くと、ライブで汗をかいた後はもちろん、会場への往復がとにかく寒くて風邪を引いてしまいました。

もともと寒がりなのもあり、とにかく寒かったと感じる辛い思い出にもなってしまいました(^^;)

 

多少厚着をしてもクロークに荷物を預けてしまえばいいので、上記を踏まえて自分に合った寒さ対策をすることをおすすめします!

 

冬に失敗しないおすすめの持ち物は?

冬の音楽フェスで持っていると便利なアイテムを紹介します!

これらのものを準備していると非常に便利なのでチェックしておきましょう!

ホッカイロ

寒さ対策といえばパッと思いつくのはホッカイロですね!

会場へ向かうまでの間や待ち時間など、じっとしていると寒さで体力を消耗してしまうこともあるのでホッカイロで体を温めておきましょう。

小さいサイズのバッグ

ショルダーバックやサコッシュ、ウエストポーチなどの小さめのバックは重宝します!財布や携帯などの貴重品や必要最低限のものを入れて身軽に行動しましょう!

 

大きいカバンだと持ち歩くと重さがストレスになるし、ライブ中近くの人の邪魔になります。
会場内では大きいカバンはクロークへ預け、小さいカバンで行動するのがベストです!

タオル

タオルは音楽フェスの必需品です!

汗を拭くのにも使えるのはもちろん、首に巻いておけばマフラーがわりになり寒さを防ぐこともできます。

 

会場でグッズとして販売されていることがほとんどなので、お気に入りのものを見つけて使用するのもいいですね!

1枚は必ず持っておきましょう!

 

モバイルバッテリー

ライブの日は携帯を使用する時間が多くなり、充電の減りが早くなります。

さらに年越しのカウントダウンもするとなれば長時間充電ができない状況になります。

いざという時に携帯が使えないと非常に困りますよね。

 

充電が切れて調べ物ができない!一緒にきた人と連絡が取れない!なんてことにならないように、モバイルバッテリーを持っておくことをおすすめします。

 

救急セット

ライブ中などは人に揉まれて怪我をしてしまうことがあります。

擦り傷など軽いけがに対応できるうよう、絆創膏や消毒液の入ったコンパクトな救急セットを持っておくと便利です!

 

なるべく自分の身は自分で守れるように心掛けておきましょう。

まとめ

冬のフェスでは防寒対策が必要となります。

間違った服装で行ってしまうと、怪我や急な体調不良など思わぬダメージを受けてしまうので注意しましょう!

脱ぎ着しやすく、なるべく身軽で暖かい服装を心がけましょう。汗をかいた後体を冷やさないようにTシャツの着替えを1枚持っていると便利です。

 

持ち物は実用性のあるものが重宝します!

私が実際ライブに持って行ってよかったと思ったものをピックアップして紹介しました。

 

せっかくの音楽フェスが辛い思い出にならないように、動きやすく実用性のある服装・持ち物で思いっきり楽しんでくださいね!

 

 

スポンサーリンク

コメント

タイトルとURLをコピーしました